デザインの選び方

婚約指輪というのは結婚するまでの婚約期間に身につけることはもちろんですが、それ以外にも結婚式やパーティーといった華やかな場に身につけていくことも多いものです。これは基本的に婚約指輪にはダイヤモンドが装飾されており、見た目にも華やかなものになっているためです。石がついていると日常的には身につけにくい場面もあります。人にぶつかることや傷をつけてしまうことへの不安がありますし、価格も決して安いものではないためどうしても毎日しっかりと使うことには抵抗がでてきてしまうのです。

デザインだからこそ、日常的に常に身につけやすいデザインのものにするのか、フォーマルな場面で身につけることにするのかということに焦点を絞ってデザインを決めるというのはとても有効な方法です。日常的に身につけておきたいという場合には埋め込み式のものが身につけやすいですし、フォーマルな場面のみで身につけるという場合には立て爪のデザインのものにするということもできます。

日常的に付ける場合には婚約指輪と結婚指輪と重ね付けをする可能性もありますから重ねて付けても違和感のないものにすることも必要です。このようにどのようなシーンで身につけるかということを考え選ぶとデザインを決めやすくなります。