婚約指輪のデザインで悩んだら

男性は女性の心理や好みというのはなかなか理解できないものです。長く一緒にいて好きなものがだいたい理解できていると思っても、指輪のデザインについては皆目見当のつかないという人も少なくありません。そこで、婚約指輪のデザインで悩んでしまったら、正直に女性にどのようなものを選べばよいかわからないということを伝えるのも一つの方法です。

デザインどういったものがほしいかということをダイレクトに聞くことが不安という場合や少しでもサプライズの要素を残したいという場合には、一緒に結婚情報誌を見ながらどういったものが好みかということを聞くのも一つの方法です。絶対デザイン選びで失敗したくないという人は、一緒に店舗を訪れて具体的にどのような指輪が好みかということを相談していくということもできます。大事なことは渡してから女性を落胆させないことです。

そこで、自分だけで選ぶことは難しいと判断したら正直にその旨を伝えるようにしましょう。女性としても明確にほしいものを提示できる方が嬉しいという場合もありますし、なんでもよいといってくれる場合もあります。喜んでもらえる指輪を贈ることが重要なのですから、困ったら正直に伝え一緒に考えることがベストなのです。


デザインの選び方

婚約指輪というのは結婚するまでの婚約期間に身につけることはもちろんですが、それ以外にも結婚式やパーティーといった華やかな場に身につけていくことも多いものです。これは基本的に婚約指輪にはダイヤモンドが装飾されており、見た目にも華やかなものになっているためです。石がついていると日常的には身につけにくい場面もあります。人にぶつかることや傷をつけてしまうことへの不安がありますし、価格も決して安いものではないためどうしても毎日しっかりと使うことには抵抗がでてきてしまうのです。

デザインだからこそ、日常的に常に身につけやすいデザインのものにするのか、フォーマルな場面で身につけることにするのかということに焦点を絞ってデザインを決めるというのはとても有効な方法です。日常的に身につけておきたいという場合には埋め込み式のものが身につけやすいですし、フォーマルな場面のみで身につけるという場合には立て爪のデザインのものにするということもできます。

日常的に付ける場合には婚約指輪と結婚指輪と重ね付けをする可能性もありますから重ねて付けても違和感のないものにすることも必要です。このようにどのようなシーンで身につけるかということを考え選ぶとデザインを決めやすくなります。


婚約指輪を購入

一生に一度のことですから、婚約指輪というのは女性が様々なあこがれを持っているものです。一昔前は不況の影響や地味婚が流行した影響もあり、指輪を購入しないという人もいました。婚約指輪を購入しなくても結婚指輪があるし、婚約指輪を身につける期間が短いということから特になくてもよいという考えを持つ人もいたのです。

婚約指輪しかし、最近では行事やイベントを重要視するという考えを持っている人が増えています。そのため、結婚についてもきちんと昔から行っていることをすべて行っていこうと考える人が多いです。そこで、婚約指輪もきちんと購入したいと考える人が増えたのです。

ただ、婚約指輪を購入するとなると問題となってくるのが予算やデザイン、渡し方のことです。男性も女性もプロポーズの際に婚約指輪を用意しておき渡したい、渡されたいと考える人が多いですが、男性としては女性に気に入ってもらえる指輪を選べるか、女性も自分が欲しいデザインの指輪をもらうことができるのかということは重要な問題です。一生に一度のものですし、値の張るものです。そして、中に刻印をしているというケースもありますから渡して思っているものと違うとなっても返品交換することもできません。せっかくならば渡したときに喜んでもらいたいですから、どのようなデザインのものにするかということはとても難しい問題です。そのため最近ではプロポーズ後に一緒に選びに行くというカップルもいます。