このサイトでは日本人が誰もが憧れる新築住宅について、家を建てるときの費用や知っておいた方がよい情報をわかりやすく説明します。
新築はコストがかかるだけでなく、購入した途端に中古住宅になりますが、それでも多くの人が購入を夢見るには相応の理由があります。
ここではその理由や費用の概略、また家を建てるときにあらかじめ知っておいた方がよいことについてポイントごとに説明するので住宅購入を考えるときの参考にできます。

誰もが憧れて夢を見る住まい!新築住宅のコストや基本知識をご紹介します!

誰もが憧れて夢を見る住まい!新築住宅のコストや基本知識をご紹介します! 新築住宅を購入する際は費用がかかります。
新築住宅は大きく分譲住宅、建売住宅、注文住宅に分けられますが、この中でもっともコストがかかるのが注文住宅です。
メリットは自由に設計できることで、現在や将来の家族構成に基づいて設計できるので自分の中にあるイメージを形にできます。
多少制約されることもありますが、設備を自由に選ぶことができるのも魅力のひとつです。
これに対し分譲住宅はハウスメーカーが所有する土地を区分して建てた家と土地を購入します。
注文住宅より求めやすい価格ですが、間取りを変更できないので自由度は劣ります。
また装備も決まっているため選ぶことはできませんが、大量購入のスケールメリットを享受できるのでコストをかけずに質の高い家を購入できます。
建売住宅は分譲住宅と同じと考えられます。
違いは分譲地に建てられたか個別の宅地に建てられたかどうかです。

新築住宅と中古住宅を比較したときのメリット・デメリット

新築住宅と中古住宅を比較したときのメリット・デメリット マイホームを購入するなら、新築住宅か中古住宅のどちらかを選ばなければいけません。
それぞれに異なるメリット・デメリットがあるため、比較をするときにはしっかりと考えて選びましょう。
新築住宅のメリットは、建築されたばかりということです。
まだ誰も住んでいない住宅なのですべて新しくて綺麗で、他人が住んでいたという気持ち悪さがありません。
トイレやお風呂などの水回りも綺麗なので、安心して住むことができるでしょう。
内部の構造も新しいので劣化がなく寿命が長いのもメリットですし、新しい設備が導入されているのも魅力です。
新築住宅のデメリットとしては、価格が高いことです。
中古住宅よりも価格が高いため十分な資金が必要で、予算が厳しい場合にはグレードを下げるなど妥協しなければいけない点もあります。
中古住宅のメリット・デメリットは、基本的には新築住宅の逆です。
価格が安いため少ない予算でもマイホームを購入可能ですが、築年数が古いため壁や廊下に傷が付いていたり、水回りが汚れていたりします。
また内部が傷んでいて耐震性などの住宅性能が低下していたり、設備が古くて使いづらいなどのデメリットも考えて新築住宅と比較をしましょう。

新築住宅購入で具体的に心得るべき事③所得や頭金を算出しローン返済シミュレーション

新築住宅を購入する際は一括で購入できないため、多くの人が銀行で住宅ローンを組むこととなります。ローン返済が厳しい金額を借りてしまうと将来的に住宅を手放す可脳性もでてくるので慎重に検討が必要です。
一般的に収入の25%以内が返済可能額と言われております。それを基に住宅会社や銀行がネット上などで公表しているシミュレーションで、借りることができる金額を算出してみるよいでしょう。その金額と頭金を足した額が購入できる新築住宅の金額となります。購入する際に住宅以外の諸費用や家具、家電なども必要となるので、予め住宅以外でどのぐらいの金額が必要か調べておきましょう。
シミュレーションはあくまで現時点です。住宅は購入後にメンテナンスも必要になります。子供がいる場合などは教育費、親がいる場合は介護などの費用も生活の変化にあわせて必要になってきます。シミュレーションをベースに余裕を持った返済計画を立てることが重要になってきます。

新築住宅購入で具体的に心得るべき事④あらかじめリフォームしやすい家屋の建築の重要性

10年後の家族の姿をシミュレーションすると、長期的視点に立って賢く最適な新築住宅を買うことができます。また完成済みの物件やフリープランの新築住宅など、一人一人で購入対象が大きく異なるのも事実です。けれども子供が成長すると暮らし方も変わるので、リフォームのしやすさを重視するのが望ましいです。
特にキッチンやトイレは老朽化が進みやすいので、設備の交換がしやすいプランを選ぶのが望ましいです。排水管の交換が容易な物件は、永住にも非常に適しています。購入する前に個別の物件の構造をチェックするのが、リフォームが容易な新築住宅を買うための基本です。購入してから10年程度で改造するケースが非常に多いですが、重厚な物件であれば将来的なコストを減らすことが可能です。子供が独立して夫婦だけになる場合には、特に大規模な改造工事を行うことがよくあります。段差をなくしたり手すりを取り付けるのが、そのような場合の代表的な施工内容です。

新築住宅購入で具体的に心得るべき事⑤動線や収納に特化した家屋を建築しよう

これから家族全員で暮らすための新築住宅を購入しようという方も大勢いらっしゃるでしょう。特に注文住宅が高い人気となっており、内装のデザインから設計もご自身で行えるのが高い魅力です。
新築住宅を購入するというのは、人生最大の買い物とも呼ばれます。その為失敗しないように慎重に選んで買い求めることが大切です。まず具体的に心得ておきたいことが、動線や収納に特化した住まいにすることになります。動線とは生活スタイルの基本で、毎日ご家族が住まいのなかでどのような行動をなさっているのかを示すものです。たとえば炊事・洗濯であり、この2つを同時におこないやすい住居設計をすれば、行動の時短を実現させられます。さらに暮らしに必要な道具類を収納できるスペースを確保すれば、新たに収納用品を購入する手間を省けます。これらは各家庭によって異なるので、家族全員の意見を反映させた新築住宅を建築することが大切になることがうかがえます。

新築住宅を買う時には心理状態に気を付けよう

これから新築住宅を購入しようとしていて、住宅展示場を見学したり不動産会社のサイトを見たりして情報を集めている人は、自分の心理状態に気を付けて行動するのが大切です。それは、新築住宅は多くの人にとって安い買い物ではなく、購入してから欠点に気づいた場合に買い替えるというのもなかなか大変なものだからです。
人によっては、仕事が忙しくあまり時間がないという状況の中でマイホームを探しているという場合もあるでしょう。人は疲れていると正常な判断ができないことが多いため、仕事などであまりにも疲労が溜まっているという時に新築住宅を探すのはリスクがあると言えます。また、ストレスが溜まっている時と同様に、気分が高揚している時にも人は衝動買いをしやすいと言われています。例えば高級感のあるモデルハウスに見学に行き、話が上手な不動産会社のスタッフに説明を受けている内に、本来の希望とは異なった条件の家を購入してしまう人などもいるので注意が必要です。
後悔しない家を選ぶためには、新築住宅を探している時になるべく冷静な心理状態を保ち、様々な角度から物件を検討して納得してから契約をすることをおすすめします。

新築住宅の種類と入居までにかかる期間の違い

新築住宅を購入する時は主に二つの種類があって、既にメーカーによって建設済みの建売住宅と一からデザインや設計をして唯一無二の住宅を建てる注文住宅があります。基本的に注文住宅は契約してから設計をして建設が始まるので、引き渡しまでは1年以上は確実にかかります。一方で建売住宅の場合は既に建設済の新築住宅なので、注文住宅よりも引き渡しまでの期間が短くなります。
物件の内覧を経て購入する住宅が決まってから契約と同時にローンを組む場合は、ローンの申請を行います。この時に本契約前に手付金を支払いますが、5%から10%が手付金の目安です。ローンの審査はおおよそ2週間から3週間かかりますが、それが終わったら最終内覧にうつります。最終内覧では設備の不備や最初の段階で何らかの瑕疵がないかを確認して、問題がなければ残りの代金を支払って移転登記を行います。ここまで完了すると購入者に引き渡しになるので、入居する事ができます。

新築住宅のおすすめサイトはこちら

益田市 新築住宅

新着情報

◎2022/3/15

情報を追加しました。


>新築住宅購入で具体的に心得るべき事③所得や頭金を算出しローン返済シミュレーション
>新築住宅購入で具体的に心得るべき事④あらかじめリフォームしやすい家屋の建築の重要性
>新築住宅購入で具体的に心得るべき事⑤動線や収納に特化した家屋を建築しよう
>新築住宅を買う時には心理状態に気を付けよう
>新築住宅の種類と入居までにかかる期間の違い

◎2022/2/15

サイトを公開しました